医療機関の脱毛で使用されるレーザー機器の種類

医療機関で脱毛の為に使用されるレーザー機器には多くの種類があります。最近では、色黒の方でも安心して脱毛できるレーザー機器、脱毛時の痛みが少ないレーザー機器などもあります。これまで、脱毛レーザー機器の多くは黒いメラニン色素に反応するレーザーで、細胞の破壊が主流でした。その為、この脱毛レーザー機器は日焼けした方に使用できないデメリットがありました。また、医療機関の脱毛レーザー機器はエステなどの光脱毛機器より痛みが強い特徴もあります。

YAGレーザーやG-MAXは、日焼けで色黒になった方や色素の濃い男性のひげ、I・Vラインなどの脱毛にも安心して使用できるレーザー機器です。これらのレーザー機器は、皮膚への影響も少なく、短時間で施術できることも特徴です。ライトシェア・デュエットは、施術部分の皮膚を吸引し伸ばしながらレーザーをあてていくので、ほとんど痛みがありません。また、脱毛効果も高く短い時間で施術ができます。アレキサンドライトレーザーは、冷却風やガスで皮膚を冷やしながらレーザーで脱毛していくので痛みが軽減されます。

このように、医療機関で使用されるレーザー機器も日々進歩しています。その為、それぞれ施術する方の毛量や毛質、肌の状態などによって使用に最適なレーザーは違ってきます。医療機関のレーザー脱毛を検討されている方は、使用されているレーザー機器の種類を調べてから医療機関を選ばれるのも良いでしょう。